使う目的に応じた自作パソコンを手に入れよう!

自分だけのオリジナルPC

パソコン制作

拡張性が魅力

かつて自作パソコンといえば、高度な技術が必要なマニアだけの趣味というイメージがありました。現在でも非常に高性能な自作パソコンを愛用しているマニアはいますが、一方で手軽に購入できるパーツが広く流通し、初心者でも比較的簡単に製作できるようになっています。基本的にはマザーボードにCPUやメモリなどを乗せるだけで、ハンダ付けなどの作業は必要ありません。自作パソコンのメリットは価格の安さだけでなく、拡張性の大きさにあると言えるでしょう。メーカー製のパソコンと違って、パーツの性能に不満があれば自由に交換することができます。たとえばゲームが目的なら、グラフィックボードには特に高性能なものを使いたいところです。反対に必要のない部品はグレードを落とし、費用を節約することもできます。故障やトラブルがあったときは、そのパーツだけを修理に出せますし、古いパソコンを分解して、パーツを別の自作パソコンに流用できるというメリットもあります。自作パソコンには動作保証がないため、不具合があっても自分で解決するしかありません。そのためパソコンの知識に自信がない方は、ちょっと手を出しにくいかもしれません。しかし最近では、トラブルへの対応や組立作業のサポートまでしてくれる、自作パソコンパーツの通販サイトもよく見かけます。初心者だけれど自由にパソコンをカスタマイズしたいという方は、そういったサイトを利用するのもひとつの方法です。

PICK UP

女性

高いか安いかスペック次第

自作パソコンは、安く上げる場合と最強スペックを求める場合とでは価格にも大幅な差が出るものです。現在、ゲーミングマシンとして過不足なく使用出来るレベルを求めるなら、総額12〜13万円程度が相場ではないでしょうか。

男性

グラフィック関連は省ける

統合型やオンボードのグラフィック機能を用意すれば、グラフィックカードは不要ですので、自作パソコンの総予算を下げられます。ただしゲームやVR用途では必須になるため、もしも自作パソコンに不慣れなら、安定性に優れる高性能カードがおすすめです。

パソコン制作

自分だけのオリジナルPC

自作パソコンは価格が安いだけでなく、拡張性が大きくて自由にカスタマイズできるというメリットがあります。最近では通販でもいろいろなパーツを購入しやすくなり、初心者でも比較的簡単に製作できるのが特徴です。