使う目的に応じた自作パソコンを手に入れよう!

高いか安いかスペック次第

女性

最強の構成はBTO並にも

自作パソコンは本当に既製品より安くなるのかという疑問は多いですが、これはもう、スペック次第、選ぶパーツ次第といったところ。結論から言えば、ゲーミングPCとして使えるくらいの最強スペック自作パソコンを作ろうとすると、予算は20万円程度かかります。20万円なんて高すぎると感じる人が大半でしょうが、同じようなスペックでメーカー品だと、これより3〜5万円程度は高くなるのが相場です。すべてのパーツを極力安く上げようとすると、10万円代まで落とすことも出来ますが、やはりある程度はスペックに妥協が必要になります。だからと言って、自作パソコンは高いと結論づけるのはちょっと早計。断然安く作りたい、ゲームが動けばそれでいいという極度の割り切りをするなら、5万円前後で組み上げることも可能だからです。とは言え、もちろんゲームにもよりますが、とりあえず動くだけの環境では快適にプレイ出来るとは考えないほうが良いでしょう。ちなみにネット通信でプレイするなら、処理が遅いマシンで参戦すると相手の迷惑にもなるので、ロースペックで入るのは基本お勧め出来ません。いくらが妥当かは一概に言えませんが、自作パソコンでも現在それなりのものに仕上げるには、12〜3万円程度かかるのが相場ではないでしょうか。BTOとあまり変わらないコストになりますが、差が出るとしても1〜2万円というのが実際のところかもしれません。ただ、自分がコストをかけたい部分に集中的にコストを割けるのが自作パソコンの魅力。総額より、どこにお金をかけるかを絞ったほうが満足の行くマシンになるでしょう。

PICK UP

女性

高いか安いかスペック次第

自作パソコンは、安く上げる場合と最強スペックを求める場合とでは価格にも大幅な差が出るものです。現在、ゲーミングマシンとして過不足なく使用出来るレベルを求めるなら、総額12〜13万円程度が相場ではないでしょうか。

男性

グラフィック関連は省ける

統合型やオンボードのグラフィック機能を用意すれば、グラフィックカードは不要ですので、自作パソコンの総予算を下げられます。ただしゲームやVR用途では必須になるため、もしも自作パソコンに不慣れなら、安定性に優れる高性能カードがおすすめです。

パソコン制作

自分だけのオリジナルPC

自作パソコンは価格が安いだけでなく、拡張性が大きくて自由にカスタマイズできるというメリットがあります。最近では通販でもいろいろなパーツを購入しやすくなり、初心者でも比較的簡単に製作できるのが特徴です。