不動産管理は利用者からの評判の高い東急コミュニティーに頼もう

契約の方法

女性

調査の後に契約を結ぶ

サブリースでは、アパート・マンション等の賃貸住宅をサブリース会社に一括借上げをしてもらいます。サウリース契約では、物件の管理はすべて会社側が行うため、賃貸経営の負担を減らすことが可能です。さらに、家賃も保証されているので毎月安定して収入が入ってきます。ですが、一般的に新築物件を立てる際に、このサブリース契約を結ぶケースが多いです。それでも、最近は既存の物件でもサブリース契約を結べる会社が登場しています。それでは、現在所有している物件でサブリース契約を結ぶときはどうすれば良いのでしょうか。まず既存の物件でも契約できるサブリース会社を探します。不動産会社に紹介してもらうか、自身でインターネットで探すことになります。そして、幾つかサブリース会社を選びましょう。一つの会社に絞り込むのもいいのですが、複数の会社を比較したほうが良い条件のところを選択できるようになります。会社が決まればインターネット経由や電話他で問い合わせをします。その後会社側からの訪問があり、周辺地域の調査の開始です。調査は賃貸管理のスペシャリストが周辺のマーケティング調査、物件のメリットや立地、家賃の分析他を行う徹底したのもです。そして、この調査を基に会社側が作成した事業計画プランの提案を受けることになります。必要であればリノベーションを行い物件の付加価値を高めることもあります。このプランと賃料、保証料、保証賃料に得心が行くとサブリース会社と契約です。サブリース契約は、既存の物件でも結ぶことが可能です。契約時の一連の流れを踏まえて納得できる会社と契約を結びましょう。