使う目的に応じた自作パソコンを手に入れよう!

女性

高いか安いかスペック次第

自作パソコンは、安く上げる場合と最強スペックを求める場合とでは価格にも大幅な差が出るものです。現在、ゲーミングマシンとして過不足なく使用出来るレベルを求めるなら、総額12〜13万円程度が相場ではないでしょうか。

目的で選ぶことが大切

PC

パーツ選びが重要

パソコンはインターネットをしたり文書を作ったりするだけでなく、ゲームなどもできます。そして、自作パソコンの場合、目的に応じてパーツを選ぶことができます。そのため、一番大切なのが何をする目的で作るのかです。一般的にインターネットや文書作成だけだと、あまりスペックが高くなくても十分使えます。しかし、ネットゲームやグラフィックソフトを使いたいという人は、グラフィックボードを搭載する必要があります。実は、CPUでもある程度処理ができるのですが、グラフィックボードを搭載することで3D描画性能を飛躍的にアップさせることができます。そして、CPUを選ぶときに目的に応じて決めます。インターネット程度に使うのであれば、比較的安く入手できるPentiumでも十分使えます。しかし、複数のソフトを使う時には、能力不足になる可能性があります。そのため、多くの人はCorei3程度にしています。そして、ゲームやグラフィックソフトを使うのであれば、Corei5異常にすることが必須です。特に、グラフィックソフトでは3D処理などをするためスペックの指定があります。クロック数が高くなると、発熱も多くなるためCPUクーラーも見合ったものを選びます。それに加えて、自作パソコン作成で見落としがちなのが、電源選びでCPUやグラフィックボードなどの消費電力を考慮して選びます。せっかく、スペックが高くても電源不足では性能を発揮することができません。このように、自作パソコンでは自分でいろいろなパーツを選べるという楽しみがあります。もちろん、自作パソコンのため、メーカーやパソコンショップで適合などを調べながら購入をする必要があります。それに加えて、情報収集をすることで、目的に応じた満足できるパソコンにすることができます。

PICK UP

女性

高いか安いかスペック次第

自作パソコンは、安く上げる場合と最強スペックを求める場合とでは価格にも大幅な差が出るものです。現在、ゲーミングマシンとして過不足なく使用出来るレベルを求めるなら、総額12〜13万円程度が相場ではないでしょうか。

男性

グラフィック関連は省ける

統合型やオンボードのグラフィック機能を用意すれば、グラフィックカードは不要ですので、自作パソコンの総予算を下げられます。ただしゲームやVR用途では必須になるため、もしも自作パソコンに不慣れなら、安定性に優れる高性能カードがおすすめです。

パソコン制作

自分だけのオリジナルPC

自作パソコンは価格が安いだけでなく、拡張性が大きくて自由にカスタマイズできるというメリットがあります。最近では通販でもいろいろなパーツを購入しやすくなり、初心者でも比較的簡単に製作できるのが特徴です。